運搬クエスト

概要

 運搬クエストでは、モンスターの所有している卵や宝物などの貴重品を持ち運ぶ依頼を受ける。討伐クエストとルールが変更されるのは以下の点となる。

  • デッキ数未満の人数では受注できない。最低3名から。
  • 探索フェイズは便宜上の1ターンのみとなる
  • 貴重品(運搬物)を運ぶ人物をパーティから一人選ばなくてはならない(運搬者)
  • 運搬者は運搬物を抜刀したものとして扱う
    • 本来の武器を抜刀した場合、運搬物を破棄したものとして扱う
  • 運搬物の運搬は攻撃として処理する
    • オトモスキルの攻撃サポートの対象となる
    • この運搬の役により運搬した距離を累計で求める
  • 運搬の目標値は対象モンスターの探索レートとなる
    • これにペイントボール等は効果を発揮しない
    • 運搬に成功した回数がクエストの報酬となり、運搬物は基本報酬の1/3の金額で清算される
  • 報酬は運搬物をいくつ運んだかで変化する
    • 運搬物一つにつき、基本報酬の1/3
  • クエスト失敗条件がハンターの力尽きた回数から、運搬物を紛失した回数に変更する。
    • 同様に報酬の削減も、3回運搬物を紛失した回数に変更とする。
      • 紛失とは、運搬者が力尽きた状態、もしくは故意に運搬物を手放した場合を指す。
  • 対象モンスターに対するバッドステータスの睡眠は効果を2ラウンドまでとする。
    • ただし、攻撃されたら起きるものとする。
  • 運搬者は必ず最後の一撃の対象となる。
    • 白兵等、前衛のみの攻撃であっても最後の一撃の対象となる
    • 弓の挑発などを使っても、最後の一撃の対象は変化しない。
    • 運搬者が回避専念を行った場合、最後の一撃が外れたものとして扱う。
  • 運搬者の罠への誘導は役+1。
  • 討伐した場合、剥ぎ取り部位数がPLの人数分増える。
  • 逃亡するスキルを使用した場合、追加ダメージなしの怒りとして処理をする。
    • もし、元々もっている怒りと重複した場合、効果の高いほうを採用すること。
  • 1ターンの類型ダメージが全員のHRより大きい場合、次のターンに運搬者の手札を1枚追加する
    • GMはそのターンの終了時に手札の追加があることを宣言して、一枚山札から手元に置くこと
    • 次ターンですべての手札配布後、手元に置いた一枚を運搬者に渡すこと
  • 3デッキ目は怒り状態で開始する事
    • スマッシュの効果では朦朧としないが、次ターンの手札が2枚になる
    • 怒りを保有していないモンスターの場合、手札を3枚にする。

特殊ルール

モンスターの強化

 モンスターは以下のルールに従って強化される。

  • HP+200
  • 受注者のHRに従った強さ補正を行う
  • さらにHPを、強さ補正に基づいてもう一度追加する

運搬

 運搬クエストでは運搬者を最低一名選出する。運搬者は武器の運搬物を抜刀したものとして扱い、バッドステータス運搬状態となる。
 運搬中のアイテムの受け渡しはできない。
 運搬は最大でも一人一つまでとする。
 ダメージを受けても手を離すことはないが、力尽きると運び直しとなる。
 運搬者になれるのは、原則としては1PCにつき1クエスト1回とする。ただし、納品に成功したPCは、そのデッキの間だけもう一度運搬者となることができる。
 
 運搬者はベースキャンプへ運ぶアクションが取れるようになり、戦闘中に進めた距離について役で判定を行う。
 運搬対象のアイテムを入手した場所からベースキャンプまでの距離は、モンスターの探索レートと同値とし、これを目標距離と呼ぶ。目標距離はペイントボールの影響を受けない。運搬者は、各ラウンドで進めた距離を汎用レーティングで判定し、この累計を運搬距離と呼ぶ。運搬距離が目標距離を上回ればベースキャンプに納品したものとして、運搬状態を解除する。ベースキャンプへの納品が成功したら、GMはパーティに運搬クエストを継続するかを確認し、継続の意思があるのであれば探索フェイズから再開する。
 
 運搬者が力尽きた場合、運搬距離は0となる。
 
 複数人数でひとつのものを運搬する場合、最も高い役を参照する。
 複数人数で、複数個を運搬する場合、各個で運搬距離を計上する。
 
 ベースキャンプへの納品は最低1つとし、それ以降の納品は、成功するたび剥ぎ取り部位数が増える。
 納品を達成したキャラクターはそのデッキの間、もう一度運搬物を持つことができる。

探索

 運搬クエストでは、各デッキの最初に探索フェイズを1ターンだけ行う。この時に、このデッキの間運搬を行うものを決定する。1クエスト中、1人1回まで運搬を行うことができる。運搬する者は、行動宣言時に運搬を行うと宣言すること。
 
 探索フェイズの次のターンは必ず戦闘に入ること。

戦闘

 運搬クエストでは、モンスターの最後の攻撃は必ず運搬者を狙うものとする。これはどの距離にいても攻撃されるものとし、例えモンスターが白兵攻撃をして、運搬者が後衛にいたとしても攻撃の対象に指定される。この時の指定は弓の挑発など、スキルによる攻撃対象の変更の効果を受けない。

 運搬者が回避専念を行った場合、通常のクエストであれば一人ずれる扱いとなるが、運搬クエストでは、運搬者への攻撃が失敗したものとして扱う。

 運搬中に運搬者が力尽きた場合、これまでの運搬距離を0にし、戦闘を終了する。パーティに継続の意思があるのなら、デッキはそのままに探索フェイズへ移行する。力尽きるのバッドステータスは通常通り2ターン分を配布すること。

 なお、3デッキ目は怒り状態でスタートするものとする。

運搬の断念

 各ターン終了時にパーティは運搬を断念することができる。
 断念した場合、次ターン終了時にクエストが終了したものとして扱い、納品を一つでも達成していたら剥ぎ取りへ。

納品

 ベースキャンプへの納品が成功した場合、GMはパーティにクエストを継続するかどうかを確認する。
 パーティに継続の意思がある場合、デッキはそのまま探索フェイズへと突入する。
 納品に成功した運搬者は同一デッキの間はもう一度運搬者になることができる。
 
 パーティに継続の意思がない場合、剥ぎ取りへ。

剥ぎ取り

 運搬クエストにて、1つでも納品に成功していた場合、剥ぎ取りを行うことができる。
 報酬は、納品ひとつにつき基本報酬の1/3で計算を行う。
 もしモンスターを倒した場合、基本報酬をさらに追加する。

  • 最終更新:2016-08-11 04:35:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード