基本的な判定方法

用意するもの

  • トランプ2組
  • 筆記用具
  • キャラシート

テキサス・ホールデム

 モンスターハンターTRPGでは、ポーカーのテキサスホールデムのルールを利用する。初めに、各プレイヤーに2枚のカードを裏向きで配られる。この段階で、プレイヤーは勝負にでるか、降りるかを決定する。勝負に出るプレイヤーが2名以上いる場合、机の中央に3枚のカードを表向きに並べる。机の中央に並べられたカードは「共有カード」であり、すべてのプレイヤーがこのカードを利用することができる。役作りの際、他のプレイヤーと使用したいカードが重複してもよい。

 プレイヤーに配られたカードを「手札」、この時点で中央に並べられた3枚のカードを「フロップ」と呼ぶ。フロップが並べられた時点で、さらにプレイヤーは掛け金の勝負を行い、勝負を行うプレイヤーが2名以上いるならば、4枚目のカードが「共有カード」に追加され、また掛け金などの勝負の意思が確認され、2名以上のプレイヤーがいるのならば最後の5枚目のカードが「共有カード」に並べられる。

 プレイヤーは手札と、「共有カード」を組み合わせて役を作り、結果を競い合う。

  • 手札を配る
  • 勝負の意思確認
  • フロップが配られる(共有カードに3枚)
  • 意思確認
  • 共有カードに1枚配られる
  • 意思確認
  • 共有カードに1枚配られる
  • 勝負

 役の作成にはカードに書かれた数字と♠♣♥♦の記号が用いられ、♠♣♥♦の記号をスートと呼ぶ。Aは、1もしくは14の扱いとなる。成立する役は下記の通り。下に行くほど強い役となる。

役名 略称 説明
ブタ NoP 何も役が成立しなかった状態。
ワンペア 1P 同じ数字のカードが2枚。
ツーペア 2P 同じ数字のカードが2枚、二組。
スリーカード 3C 同じ数字のカードが3枚。
ストレート ST 連続した数字が5枚。
フラッシュ FL ダイヤやスペードなど同じスートが5枚。
フルハウス FH ワンペアとスリーカードが成立。
フォーカード 4C 同じ数字のカードが4枚。
ストレートフラッシュ SF 連続した数字でかつ同じスート。
ロイヤルストレートフラッシュ RSF 10,J,Q,K,Aがそろい、かつ全て同じスート。
ファイブカード 5C 同じ数字のカードが4枚とジョーカー一枚。

本家テキサスホールデムとの相違点

 なお、本来のテキサスホールデムと異なり、モンスターハンターTRPGでは勝負時に並べられるフロップは2枚とし、残り3枚を共有カードに追加する。また、勝負の意思確認はなく、フロップが並べられた後に意思確認を一回だけ行い(行動宣言)、共有カードを配布していく。

テキサスホールデム MHTRPG
手札を配る 手札を配る
勝負の意思確認
フロップの配布(3枚) フロップの配布(2枚)
意思確認 行動宣言
共有カードに1枚配られる 共有カードに3枚配られる
意思確認
共有カードに1枚配られる
勝負 判定等各処理の適用

行動と判定

 戦闘時、行動判定を行う手順は以下のように行う。
 GMの左隣のキャラクターから時計回りに手札を配布してゆく。プレイヤーの管理下にあるものは表向けに配り、GMの管理下にあるものは裏向けに配る。この時配られる手札の枚数はPCの状態によって異なるが、通常2枚である。

 行動判定に参加する全てのキャラクターへの配布が終了した後、カードを配布した順に行動を宣言してゆき、全員の行動宣言が終了したのち、共有カードを配布していく。

 メジャーアクションで行える代表的な行動は以下の通り。

  • 攻撃する
  • スキルを使用する
  • 抜刀する(武器を準備する)
  • 抜刀攻撃を行う
  • 納刀する(武器を納める)
  • アイテムの使用(罠の設置を含む。抜刀時には強制的に納刀となる)
  • 罠への誘導
  • アイテム探索
  • モンスター探索(探索フェイズのみ)
  • アイテムの調合(錬金を含む)

 剣士、ガンナーの違いはキャラメイクを参照のこと。

 プレイヤーは経験点を消費することで特殊な行動を行うことができる。詳しくは経験点の消費を参照すること。

 モンスターの攻撃方法はフロップに出された一枚目のスートや数字によって決定される。行動指針はGMが作成すること。

スキルの使用について

 スキルには使用タイミングが設けられており、原則として同一のタイミングでは1種類しか使用を宣言できない。

 スキルにはそれぞれHPのコストが設定されている場合が有るが、宣言時にHPが不足していても使用は可能であるものとする。HPの消費は宣言時に行うこと。

 スキルの使用によりHPがマイナスとなっていても、そのターン中、パーティの誰かの行動によりHPの回復が行われ、ターン終了時に1以上あれば力尽きたとはならない。

 なお、ハンター共通スキルの手札追加及び、手札セット追加は他のスキルと同時に使用する事が可能であるものとする。

アイテムの使用について

 アイテムを使用すると、原則として納刀状態となる。

 アイテムの効果は判定の役が確定した時に発動するものとする。

対決

 全員の行動宣言が終了したら、共有カードの残り3枚を配布し、手札の2枚と共有カードの5枚、合計7枚のカードから5枚を選択して役を作成する。共有カードはGMおよび全キャラクター共通のカードであるため、役作りの際に他のキャラクターと同じカードを利用しても問題はない。

 行動の対象とした相手よりも役が高ければ成功、低ければ失敗、同じ役であれば相打ちとなる。攻撃の場合、成功した場合は一方的にダメージを与え、失敗した場合は一方的にダメージを受ける。

 なお、敵対していない者同士の攻撃はダメージが入らない物とする。

役の修正

 スキルや地形、属性などにより役に修正がかかる場合がある。主な役への修正は以下のとおり。

スキル 役が上昇すると書かれているものは手役がその数値分上がる。ダメージが上昇すると書かれているものはダメージの算出時にのみ使用する。
有効な属性 使用している武器に属性ボーナスが1以上あり、その属性がモンスター側の弱点の場合、ダメージ算出時の役を属性ボナース分上昇させる。複数の属性を持つ武器の場合、最も有効な属性を使用すること。
有効な武器種別 使用している武器種別がモンスターの弱点の場合、ダメージ算出時の役を1上昇させる。

 いずれの場合も最高は5cであり、最低はブタである。手役がどうであれ、最終的に決定した役が同じだった場合は相打ちとなる。例えば、手役がブタ同士だったが、片方に役のマイナス修正があった場合、ブタより下には下がらないため、相打ち扱いとなる。5c同士の場合も同様に処理する。

 属性と武器種別は効果が重複する。

 なお、ブタの場合はいかなる場合であっても役の補正を受けることができない。

ダメージ算出

 対決に勝利、もしくは相打ちとなった場合、ダメージを算出する。ダメージは各武器に設定されたレーティング表から、レア度と修正後の役を参照し、スキル等による補正を加えて確定する。確定したら与えるダメージを宣言すること。

 宣言されたダメージから、防具などの軽減要素がある場合はそれらを適用し、与えられるダメージを確定する。

距離と移動

 使用する距離の概念は下記の通り。

  • 前衛
  • 後衛

 前衛は全ての攻撃が当たる距離であり、後衛はガンナーの射撃攻撃、モンスターの突撃の2発目以降やブレスなどの攻撃が当たる距離となる。前衛後衛はそのターンで戦う位置を表し、毎ターン変更が可能である。ただし、全員が後衛に下がった場合、全員が前衛になったものとして扱う。

 前衛と後衛の決定は全員の行動宣言が終わった後、モンスターの行動宣言の直前に決定される。

 なお、前衛後衛の移動については、納刀抜刀の影響を受けないものとする。

バッドステータス

 攻撃を受けた対象は、役によってはバッドステータスとなる。同時に複数のバッドステータスにはならない。1ターンに複数のバッドステータスを受けた場合、特に記述がない限りは一番最初にうけたバッドステータスを適用すること。

 一切の行動が行えなくなるバッドステータスを与えられた際には、次ターン開始時に、手札の代わりに裏向きのカードを、効果時間のターン数分対象に配り、ターンが終了すれば一枚を捨て札として回収する。配布されたカードが無くなれば状態異常から回復したことを示す。なお、リロードされた弾との区別がつきにくい場合、横にして裏向きのカードを配布してもよい。

バッドステータスの種類

 バッドステータスをうけた対象は、次ターンから一定のターンの間、行動に制限を受ける。

 なお、バッドステータスの効果は重複しない。複数のバッドステータスを同時に受けた場合、特に記述がない限り最初に受けたものを適用すること。
力尽きる ターン終了時にHPが1未満になるとこのステータスが付与される。攻撃の対象にはならないが、一切の行動を行うことができない。力尽きると、スキル以外の有利不利の効果をすべて失う。ほかのバッドステータスを同時に受けた場合、力尽きるが最優先で適用される。

効果時間:2ターン(GMは行動不可能となるターン数を任意に変更できる)
飛翔 何かしらの攻撃によって、空高く放り投げられた状態。攻撃の対象にはならないが、一切の行動を行うことができない。PC専用。力尽きる以外のバッドステータスを同時に受けた場合、飛翔のバッドステータスを適用する。

効果時間:1ターン
朦朧 頭部などに大きなダメージを受け朦朧とした状態。一切の行動を行うことができない。

効果時間:1ターン
気絶 大きなショックを受け気絶した状態。一切の行動を行うことができない。

効果時間:1ターン
睡眠 睡眠状態となり、一切の行動を行うことができない。PCが睡眠状態になった場合、デッキ終了時に自動回復するが、解除する場合は他のPCが1ターン消費すること。一度に解除できる人数はPC一人につき一名まで。複数人をまとめて解除する場合、散弾や拡散射撃など、雑魚モンスターの手札を減らすスキルを使用しPCを攻撃すること。なお、敵対していない者同士の攻撃はダメージが入らないものとする。

効果時間:攻撃を受けるまで。
トラップ モンスターが罠にはまった状態。一切の行動を行うことができない。

効果時間:2ターン
しびれ 雷の攻撃などによってしびれた状態。全ての行動役に-1される。また回避専念が行えなくなる。

効果時間:1ターン
氷塊 氷の塊により行動が制限された状態。手札が一枚減り、抜刀、アイテムの使用、攻撃が行えない。

効果時間:1ターン。
運搬 何か巨大な塊を運搬している状態。アイテムの使用が行えない。

効果時間:任意。


地形効果

 クエストの舞台となる地形によっては、周囲の気温がPCに影響を及ぼす場合がある。これらはバッドステータスではない。
灼熱 灼熱の地域での戦闘を表す。回復アイテムによるHPの回復が1点下がる。最低0点。
極寒 極寒の地域での戦闘を表す。戦闘時の命中判定の役が一つ下がる。

汎用チャート

 何らかの判定を必要とし数値を出す際に用いるチャート。
  ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
汎用チャート 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
難易度目安 普通 難しい 至難

アイテムの受け渡しについて

 入手の際にお金を支払うもののみ受け渡しが可能。そのほかの、調合でなければ入手できないものや、素材を必要とする武器、防具は本人に合わせて作成されるため、受け渡しができない。

座順について

 デッキの切り代わりの際に座順を変更することが可能である。そのデッキの最初の手札が配布される前に座順の変更をGMに申告すること。

  • 最終更新:2017-03-11 10:58:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード