クエストの流れ

クエストの流れフロー.jpg

クエストの流れ

クエストは以下の流れで行われる。
  • 狩猟対象モンスターの確定
    • PLからリクエストがない場合、クラフトチャートを用いて受注モンスターを提案
    • 候補の中から狩猟対象となるモンスターを確定する
    • 対象モンスターに対する知識の判定を行う
  • クエストの準備
    • クエストに持っていく武器、防具を決定する
    • 携行アイテムを決定する
    • その他、買い物や武器防具の強化など
    • アイルーキッチンでの食事などを行う
  • クエスト開始
    • ベースキャンプ
      • 判定を必要としない行動を1つだけ行うことができる
      • 支給品がある場合、ここでその内容が宣言される
    • 探索フェイズ
      • モンスターの探索レートを目標に、モンスター探索を行う
      • もしくはその他の行動を行う
      • モンスターの探索レートを上回ったら余剰のターンでもう一度探索フェイズを行うか、戦闘フェイズへと移行する
    • 戦闘フェイズ
      • モンスターに攻撃を行いHPを0にするなどのクエスト達成を目指す
      • デッキ終了時にクエストが達成されていない場合、探索フェイズへ戻る
      • 討伐などクエストが達成されたのならば剥ぎ取りへ
      • 3回失敗するなど、クエストの失敗条件を満たした場合、クエスト終了へ
  • 剥ぎ取り
    • 代表者を一命選出し、手札を作成
    • 判定を行い、剥ぎ取った素材アイテムを確定する
    • 入手した経験点は剥ぎ取りの役の中で最も高いものを参照する
  • 報酬の決定
    • 死亡した回数から報酬を算出し、クエスト終了となる

クエストの受注

クエストの受注.jpg
 クエストに出るためにはクエストを受けなければならない。

 各PLに手札とフロップを配布する前に、狩りたいモンスターががいるかどうかを聞いていく。PLからリクエストがない場合、手札及びフロップ配布後にクラフトチャートを用い、クエストの内容を決定する。これらは各PCが受注してきたクエストとして扱う。

 全員の受注クエスト内容が発表されたら、パーティで受領するクエストを相談して決定し、そのクエストを受注してきたPCの手札で、モンスターに対する知識の判定を行う。

 なお、クラフトチャートの結果やプレイヤーの希望などにより、受注したモンスターの推奨HRがハンターのHRよりも低い場合があるが、この場合はクラフトチャートにある「HRによる補正」を用いて該当モンスターを強化する事。この強化は狩猟対象が決定してから行っても構わないものとする。

 逆に、ハンターのHRが低い場合、モンスターへの修正は発生しない。また、狩猟希望の対象に対して特に制限は加えられない。HR1から推奨HR10のクエストを受注しても構わないものとする。

 判定が終了したら、デッキを引き継いでクエストの準備へ進む。

クラフトチャート

 どのモンスターを狩りの対象とするかをランダムで決定する。各PCが受注してきたクエストの内容として、リクエストがない場合、セッションの最初に実行する。

手札
    ジョーカー
1枚目 対象モンスター 鳥竜種,獣人種 甲虫種,飛竜種 魚竜種,甲殻種 牙獣種 古龍種
2枚目 報酬 ±0 -1200 -600 +1200 +2100
 ハンターランクはPCの所持している防具の中で一番高いものを選択。

フロップ
    ジョーカー
1枚目 支給品 あり あり なし あり 任意
2枚目 いつ 定期的に 先日 ついさっき そのうち 任意
3枚目 場所 人里 本来出ない場所 本来の生存場所 本来生存できない場所 任意
4枚目 主な被害 家畜 素材として 賞金として 任意
5枚目 被害の規模 甚大 大きい 普通 少ない 任意

ハンターランクによる料金表
ハンターランク 報酬
1 3000z
2 4200z
3 5100z
4 6000z
5 6900z
6 7800z
7 9000z
8 9900z
9 11100z
10 12000z

ハンターランクによる補正
ハンターランク HP 攻撃レベル 大きさ補正 攻撃回数
+1 +50 +1    
+2 +100 +2    
+3 +150 +3    
+4 +300 +4 +1 +1
+5 +350 +5    
+6 +400 +6    
+7 +450 +7    
+8 +600 +8 +2 +2
+9 +650 +9    
注)剥ぎ取り部位数は変化しない。
  補正により大型以上のモンスターとなった場合、無属性の攻撃には属性が付与される。
  付与される属性は狩猟フィールドによって変化させること。

生息地 推奨される追加属性
雪山
密林 水、雷
砂漠
沼地 毒、水
火山
森丘 火、水、雷、氷、龍
樹海


支給品
受注者のHR 小型 中型 大型 超大型
回復 地形 回復 地形 回復 地形 回復 地形
1 +10 x1 +10 x1 +10 x1 +10 x1
2 +9 x1 +9 x1 +9 x1 +9 x1
3 +8 x1 +8 x1 +8 x1 +8 x1
4 +7 x1 +7 x1 +7 x1 +7 x1
5 0 -1 +6 -1 +6 -1 +6 -1
6 0 -2 +5 -2 +5 -2 +5 -2
7 0 -3 +4 -3 +4 -3 +4 -3
8 0 0 0 0 1 1 1 2
9 0 0 0 0 1 1 1 2
10 0 0 0 0 1 1 1 2
各数値は人数に+、-、xを行う数値を意味する。
回復は小型までは回復薬を。中型以降の場合、上位ハンターの場合は回復薬Gを。G級ハンターの場合は粉塵をさらに追加してもよいものとする。
地形はホットドリンクや、その任務に必要と思われるアイテムを。地形で配布するアイテムは、特に必要ではない場合無くともよい。




狩猟対象に対する知識

 モンスターについてどの程度調べがついているかは、受注したPCの役によって変動する。この時各PCは経験点を消費し、受注したPCの手札を追加してもよいものとする。

 PCから手札の追加の宣言が無くなったら共有カードを配布し役を決定する。GMは各モンスターの情報開示レートを参照しながら、出来上がった役までの情報をPCに読み上げること。

消費経験点と手札追加及び、回避専念
受注したハンターのハンターランク +1枚に必要な経験点 回避専念に必要な経験点
1~4 1点/一枚 1点/回
5~7 2点/一枚 2点/回
8~10 3点/一枚 3点/回


狩猟フィールドの宣言

 クラフトチャート、もしくはGMの独断で狩猟フィールドを宣言する。なお、火山、雪山はHRが3以上からを推奨する。1から2の間は、火山や雪山以外か、十分な支給品を用意すること。

装備品の確定

装備品の確定.jpg
 クエストを受注したら、装備品を決定する。

 各プレイヤーはどの防具を装備するかを決定し、アイテムの購入、携行アイテムの決定を行う。各武器、防具のスキルは防具が決定した段階で発動するものとする。

 各プレイヤーのレコードシートへの記入が完了したら、クエストの準備へと進むこと。

武器、防具の決定

 クエストに使用する武器と防具を決定し、レコードシートにスキル、属性等の性能を記入していく。

アイテムの購入

 必要なアイテムが有る場合はここで購入を行う。クエストに持ち込まないアイテムを購入しても良い。持ち込まない物はキャラシートへ記述する事。

携行アイテムの決定

 出発前にキャラクターは装備品と携行アイテム、そして使用するスキルを選択し、レコードシートに記入を行っていく。

 特にスキルなどを用いていない場合、携行アイテムは5種類まで。アイテムにはそれぞれ携行上限があるため、それを超えてクエストにアイテムを持ち込むことはできない。


クエストの準備

クエストの準備.jpg
 レコードシートへ装備品などの記入が完了したら、クエストの準備を開始する。パーティ内の座順を決定したら手札を配布し、行動宣言へと移行する。

行動宣言

 クエストの準備では以下のものの中からひとつ行動をとることが出来る。

  • オトモアイルーの雇用
  • アイルーキッチンでの食事
  • 農場などでの素材集め
  • アルバイト
  • 調合

 手札及びフロップ配布後、PLは時計回りに行動宣言を行い、全員の宣言が終わったら残りの共有カードを開示し判定を行う。判定が終了したら、デッキを新たに組み直してクエスト開始へと進む事

オトモアイルーの雇用

 ハンターはクエストをサポートするオトモアイルーを雇用することができる。オトモアイルーはそのクエストのみの契約となる。オトモアイルーチャートを用いて判定を行い、役が確定してからアイルーの性格を選択する。



アイルーキッチン

 アイルーキッチンでは、ステータスを一時的に強化する特殊な食事を用意している。強化したいステータスを以下からひとつ選択すること。

  • HP
  • 攻撃力
  • 防御力
  • 耐性をどれかひとつ

 ステータス強化の希望者は手札を受け取り役を作成し、効果の度合いを決定する。最大HPは15まででスキルとの併用でもこれを上回ることはない。食事の効果はそのクエスト中、一度力尽きるまで持続する。

  ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
HP -1 1 1 2 2 2 3 3 3 4 5
攻撃 -1 1 1 2 2 2 3 3 3 4 5
防御 -1 1 1 2 2 2 3 3 3 4 5
各種耐性 -1 1 1 2 2 2 3 3 3 4 5


 なお、防具の属性が±15の範囲を超えていたとしても耐性の効果は加算される。雷-41の防具を持ち、雷の耐性をつけようとしてブタが出た場合、雷攻撃に対して-4の修正を受ける。この内訳は防具で-3(-41は-8だが、最大-3のため-3)、食事で-1となる。逆も同様の処理を行うこと。

素材集め

 武器、防具に使用する素材を調達しに行く。狩りの対象となるフィールドでのアイテム探索と同様のチャートを使用し、判定を行うこと。
 
 なお、クエストの準備段階での素材集めは、虫あみとピッケルを持っているものとして扱い判定を行うこと。実際にそのキャラクターが所持している必要はない。
  必要アイテム ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
雪山 なし ペイントボール 薬草 救急キット 小型樽爆弾 砥石 落とし穴 爆薬キット 生命の粉塵 大型樽爆弾G 罠キット 調合書
なし 経験点1 鉄鉱石(x2) ドラグライト鉱石 マカライト鉱石 鉄鉱石上(x2) ドラグライト鉱石上 マカライト鉱石上 鉄鉱石G(x2) ドラグライト鉱石G マカライト鉱石G 鎧玉G
ピッケル 薬草 氷結晶 ライトクリスタル ピュアクリスタル ライトクリスタル上 ピュアクリスタル上 ノヴァクリスタル上 ライトクリスタルG ピュアクリスタルG 氷結晶G ノヴァクリスタルG
虫あみ セッチャクロアリ セッチャクロアリ上 セッチャクロアリG

  必要アイテム ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
密林 なし ペイントボール 薬草 救急キット 小型樽爆弾 砥石 落とし穴 爆薬キット 生命の粉塵 大型樽爆弾G 罠キット 調合書
なし 経験点1 鉄鉱石(x2) ドラグライト鉱石 マカライト鉱石 鉄鉱石上(x2) ドラグライト鉱石上 マカライト鉱石上 鉄鉱石G(x2) ドラグライト鉱石G マカライト鉱石G 鎧玉G
ピッケル 薬草 紅蓮石 氷結晶 メランジェ鉱石 紅蓮石上 メランジェ鉱石上 氷結晶上 紅蓮石G メランジェ鉱石G 鉄鉱石G(x2) 氷結晶G
虫あみ セッチャクロアリ セッチャクロアリ上 セッチャクロアリG


  必要アイテム ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
砂漠 なし ペイントボール 薬草 救急キット 小型樽爆弾 砥石 落とし穴 爆薬キット 生命の粉塵 大型樽爆弾G 罠キット 調合書
なし 経験点1 鉄鉱石(x2) ドラグライト鉱石 マカライト鉱石 鉄鉱石上(x2) ドラグライト鉱石上 マカライト鉱石上 鉄鉱石G(x2) ドラグライト鉱石G マカライト鉱石G 鎧玉G
ピッケル 薬草 ライトクリスタル 鉄鉱石(x2) マカライト鉱石 ライトクリスタル上 鉄鉱石上 マカライト鉱石上 ライトクリスタルG 鉄鉱石G(x2) マカライト鉱石G ユニオン鉱石G
虫あみ セッチャクロアリ セッチャクロアリ上 セッチャクロアリG

  必要アイテム ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
沼地 なし ペイントボール 薬草 救急キット 小型樽爆弾 砥石 落とし穴 爆薬キット 生命の粉塵 大型樽爆弾G 罠キット 調合書
なし 経験点1 鉄鉱石(x2) ドラグライト鉱石 マカライト鉱石 鉄鉱石上(x2) ドラグライト鉱石上 マカライト鉱石上 鉄鉱石G(x2) ドラグライト鉱石G マカライト鉱石G 鎧玉G
ピッケル 薬草 氷結晶 紅蓮石 エルトライト鉱石 氷結晶上 鉄鉱石上(x2) 鉄鉱石上(x2) 氷結晶G 紅蓮石G エルトライト鉱石G マカライト鉱石G
虫あみ セッチャクロアリ セッチャクロアリ上 セッチャクロアリG

  必要アイテム ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
火山 なし ペイントボール 薬草 救急キット 小型樽爆弾 砥石 落とし穴 爆薬キット 生命の粉塵 大型樽爆弾G 罠キット 調合書
なし 経験点1 鉄鉱石(x2) ドラグライト鉱石 マカライト鉱石 鉄鉱石上(x2) ドラグライト鉱石上 マカライト鉱石上 鉄鉱石G(x2) ドラグライト鉱石G マカライト鉱石G 鎧玉G
ピッケル 薬草 紅蓮石 虹色鉱石 獄炎石 獄炎石上 虹色鉱石上 紅蓮石上 獄炎石G 虹色鉱石G 紅蓮石G ドラグライト鉱石G
虫あみ セッチャクロアリ セッチャクロアリ上 セッチャクロアリG

  必要アイテム ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
森丘 なし ペイントボール 薬草 救急キット 小型樽爆弾 砥石 落とし穴 爆薬キット 生命の粉塵 大型樽爆弾G 罠キット 調合書
なし 経験点1 鉄鉱石(x2) ドラグライト鉱石 マカライト鉱石 鉄鉱石上(x2) ドラグライト鉱石上 マカライト鉱石上 鉄鉱石G(x2) ドラグライト鉱石G マカライト鉱石G 鎧玉G
ピッケル 薬草 エルトライト鉱石 ユニオン鉱石 メランジェ鉱石 エルトライト鉱石上 ユニオン鉱石上 メランジェ鉱石上 エルトライト鉱石G ユニオン鉱石G メランジェ鉱石G ノヴァクリスタルG
虫あみ セッチャクロアリ セッチャクロアリ上 セッチャクロアリG

  必要アイテム ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
樹海 なし ペイントボール 薬草 救急キット 小型樽爆弾 砥石 落とし穴 爆薬キット 生命の粉塵 大型樽爆弾G 罠キット 調合書
なし 経験点1 鉄鉱石(x2) ドラグライト鉱石 マカライト鉱石 鉄鉱石上(x2) ドラグライト鉱石上 マカライト鉱石上 鉄鉱石G(x2) ドラグライト鉱石G マカライト鉱石G 鎧玉G
ピッケル 薬草 ライトクリスタル カブレライト鉱石 虹色鉱石 ライトクリスタル上 カブレライト鉱石上 虹色鉱石上 虹色鉱石G ライトクリスタルG カブレライト鉱石G ユニオン鉱石G
虫あみ セッチャクロアリ セッチャクロアリ上 セッチャクロアリG



アルバイト

 クエストの準備を行わず軽いアルバイトを行う。汎用チャートにて判定を行い、役の値に600zをかけた報酬をクエスト前に手に入れることができる。

  ブタ 1P 2P 3C ST FL FH 4C SF RSF 5C
汎用チャート 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
難易度目安 普通 難しい 至難


クエスト開始

到着フェイズ

到着フェイズ.jpg
 クエスト開始直後には、そのクエストの拠点となるベースキャンプに到着する。
 
 到着フェイズでは、デッキを消費しないターンが1ターンだけ与えられ、アイテムの使用やリロードなど判定を必要としない行動を行うことができる。
 
 支給品があるクエストの場合、このベースキャンプには支給品が用意されている。その場で使う場合はアイテム欄を使用しない。持ち運ぶ場合はアイテム欄の空きが必要となる。なお、持ち運んだものはクエスト終了時に自分のものとしてかまわない。
 
 また、力尽きた際にもベースキャンプには戻されるので、復帰時に支給品を運んできたとしても構わない。ただし、アイテムの使用は復帰後に行うこと。

探索フェイズ

探索フェイズ.jpg
 モンスターとの戦闘の前に、モンスターを探索しなければならない。

 ここではモンスター探索以外の行動も行えるが、何をするかはパーティで相談したほうが望ましい。

 探索フェイズは、パーティの探索ポイントの累計が各モンスターに設定された探索レート以上になるまで以下の手順を繰り返す。

  • 目標探索レートの宣言
  • 手札の配布
  • セットアップ
  • 行動の宣言
    • HPやアイテムの消費
  • 共有カードの配布
  • 役の決定
  • 判定、行動の結果を宣言
  • カードの回収
  • バッドステータスの適用

 探索ポイントの累計が探索レート以上になった場合、デッキを引き継いで戦闘準備フェイズ、もしくはモンスターとの戦闘へと移行する。詳しくはモンスター探索を参照。

目標探索レートの宣言

 GMは目標となる探索レートの宣言を行う。

 ペイントボール等により探索レートが変動していた場合はそちらを、特に変動が無ければ各モンスターに記載された値を宣言すること。

手札の配布

 手札の配布は時計回りに行われる。

 全員に配布されたらセットアップへと移る事。

セットアップ

 鬼人化等、継続が必要なスキルを継続するか否かをここで宣言する。HPの消費はこの段階で行う事。

 なお、この時点でHPが0を下回っても力尽きたとはならない。

 もし2デッキ目以降で、かつ探索の1ターン目ではない場合、モンスターはHPの回復を行う。現在値から1割増やすこと。(端数切捨て)

 セットアップの確認が終わったら、行動の宣言へと移行する。

行動の宣言

 探索フェイズで行える行動は以下の通りとなる。PLは以下の中から一つだけ行動を選び宣言する事。なお、探索フェイズでは常に全員が前衛に居る物として扱う。

  • モンスター探索
  • アイテム探索
  • 調合
  • アイテムの使用
  • スキルの使用

 ここではモンスター探索とアイテム探索について記述する。

モンスター探索

 モンスター探索を行うと、完成した役に応じて探索ポイントが加算されてゆく。この探索ポイントが各モンスターに設定された探索レート以上になると戦闘に突入する。

 探索ポイントは探索フェイズの間累積し、戦闘が始まるとリセットされる。

 なお、探索ポイントと探索レートが同値であった場合は戦闘へと突入するが、探索ポイントが探索レートを上回った場合、上回ったターン数だけ戦闘準備フェイズを設けることが出来る。

アイテム探索

 アイテム探索は各フィールドに設定されたアイテムを入手することが出来る。一度のアイテム探索で手に入れられるアイテムは一つとする。

 GMは、出た役と狩猟フィールドに設定されたものを見比べて、入手可能なアイテムを宣言し、PLはその候補の中からいずれか一つのアイテムを入手する。PLはどのアイテムを選択したか宣言する事。

 虫あみやピッケルを持っている場合、入手可能なアイテムの候補が増えるものとする。

 なお、アイテム探索で入手したアイテムは全て倉庫へと送られ、携行することは出来ない。

回復の適用

 回復薬や生命の粉塵など、HPの回復は共有カードの配布前に行われる。

共有カードの配布

 全員の行動宣言が終了したら、共有のカード3枚を配布する。

 このときに山札が足りなくなった場合、そのターンを強制終了する。

役の決定

 それぞれの手札と、場のカードを用い各自役を決定していく。このとき、可能な限り一番いい役を宣言すること。

判定、行動の結果を宣言

 判定及び行動の結果を宣言していく。

カードの回収

 使用したカードを回収し、捨て札の山へ追加していく。

バッドステータスの適用

 カード回収後、攻撃によるバッドステータスをここで適用する。裏向きのカードを配布する場合はここで配布し、裏向きのカードを回収する場合もここで回収すること。

デッキの消費

 山札を全て使い切った場合、新たにデッキを組み再び探索に入る。

 基本的には山札を3回使い切るまでに倒せなかった場合、そのクエストは失敗となる。GMは山札を使い切る回数を変更してもかまわないものとする。目安として、4人プレイヤーで山札をひとつ消費するのにかかる時間は、およそ30~45分である。

 スキル等による手札の追加により、山札の残りカード枚数が足りなくなった場合、デッキ消費を確定した手札追加の行動より前の行動を適用してから、デッキを新たに切り替えること。判定が必要な行動を宣言していた場合、その行動は失敗したものとして扱う。
 

戦闘準備フェイズ

戦闘準備フェイズ.jpg
 探索フェイズで得た探索ポイントが探索レートを上回った場合、パーティの任意で戦闘準備フェイズへと移行することが出来る。戦闘準備フェイズへと移行する際には現在のデッキを引きつぐこと。

 GMは探索ポイントから探索レートを引いた値を余剰ターンとして宣言し、このターン数の間、パーティは探索フェイズと同様にスキルの使用などが行える。ただし、モンスター探索は行えないものとする。
 
 戦闘準備フェイズは、実質的には探索フェイズの余剰ターンである。よって探索フェイズと同様の処理を行うが、以下の点が異なる。

  • ターン終了時、余剰ターンがまだ残っている場合は任意で戦闘準備フェイズを継続できる
  • 余剰ターンが尽きると戦闘準備フェイズは終了となる
  • モンスター探索は行えないものとする
 
 戦闘準備フェイズが終了すると戦闘に突入となる。デッキを引き継いでモンスターとの戦闘へ移行すること。


戦闘フェイズ

戦闘フェイズ.jpg
 モンスターと遭遇すると戦闘に入る。以下の手順をデッキがなくなるまで繰り返す。

  • 手札の配布
  • セットアップ
  • 行動の宣言
    • HPやアイテムの消費
  • 回復の適用
  • モンスターの手札の開示
    • 閃光玉などによるモンスターの手札の排除
  • 共有カードの配布
  • 役の決定
  • 判定、ダメージの算出
  • カードの回収
  • バッドステータスの適用

手札の配布

 手札の配布は、探索フェイズなどと同様に時計回りに行う。GMの隣にいるプレイヤーから順に配布していき、最後のプレイヤーに配布した後、モンスターの手札を置き、その後フロップを置く。この時、モンスターの手札は伏せておく事。

 配布は1周につき一枚ずつ行う。抜刀などにより手札1枚のものは、2周目に配布する際そのプレイヤーを飛ばして次のプレイヤーに配布を行う。バッドステータスなどにより手札が0の者も同様に、1周目からスキップされるものとする。全員の戦闘時の手札が配布されたらセットアップに移る。

 なお、手札配布中、山札が尽き配布できるカードが無くなった場合は、デッキを消費したとして戦闘を中断し、次デッキの探索フェイズへ移る事。

セットアップ

 鬼人化等、継続が必要なスキルを継続するか否かをここで宣言する。HPの消費はこの段階で行う事。

 なお、この時点でHPが0を下回っても力尽きたとはならない。

 セットアップの確認が終わったら、行動の宣言へと移行する。

行動の宣言

 手札の配布が終了したら、時計回りに行動を宣言していく。相談はいくらでもしてもらって構わない。スキルの発動に必要なHP、弾薬などは行動の宣言と同時に消費する。GMの隣にいるプレイヤーから一人ずつ宣言を行い、全員が行動の宣言を終了したら、前衛、後衛の確定へと移行する。

 行動の宣言中にカードが足りなくなった場合、回復を適用しそのターン及び、デッキを終了する。

前衛、後衛の確定

 PL全員の行動宣言が終了したら、行動の宣言による前衛、後衛の確定を行う。全員が後衛を宣言していた場合、全員前衛に居る物として扱う事。

 前衛、後衛が確定したら、モンスターの行動宣言と手札の開示へと移行する。

モンスターの行動宣言と手札の開示

 伏せられたモンスターの手札を開示する。このとき、モンスターの行動の宣言を同時に行う。

 モンスターはフロップの一枚目で行動が決定される。また攻撃対象もフロップの一枚目で決定する。行動はモンスターにより様々だが、攻撃対象は同一のルールを用いる。

 フロップの一枚目の数値をGMの左に座ったPLから順に数えてゆく。攻撃の届く範囲でのみカウントすること。二回以上の攻撃の場合も同様に一枚目の数値を参照し、攻撃対象のカウントは前の攻撃を行ったPLの左にいるPLから数えること。

手札の調整の宣言

 モンスターの行動の宣言後、閃光玉や不協和音などによる手札の排除を行う。

回復の適用

 回復薬や生命の粉塵など、HPの回復は共有カードの配布前に行われる。
 

共有カードの配布

 回復の適用が終了したら、共有のカード3枚を配布する。

 このときに山札が足りなくなった場合、そのターンを強制終了する。

役の決定

 それぞれの手札と、場のカードを用い各自役を決定していく。このとき、可能な限り一番いい役を宣言すること。

判定、ダメージの算出

 攻撃者と攻撃対象者の、お互いの役を見比べあい、命中、相打ち、回避を判定し、ダメージを適用していく。HPがマイナスの値に突入した場合も計算は継続する。

 GMの隣のPCから時計回りにダメージの適用を行っていき、最後にモンスターからのダメージを算出する。この計算の途中でモンスターが死亡したとしても、算出は最後まで行うこと。

 モンスターのダメージ算出方法は以下の通りとなる。

モンスターのダメージ = 使用した攻撃方法のレベル + ハンターランクによる補正 + 役

 基本的には基礎データに記載された大きさと役を見比べるが、ハンターランクによる補正等により、大きさに修正が加わっている場合、そちらを参照すること。

カードの回収

 使用したカードを回収し、捨て札の山へ追加していく。

バッドステータスの適用

 カード回収後、攻撃によるバッドステータスをここで適用する。裏向きのカードを配布する場合はここで配布し、裏向きのカードを回収する場合もここで回収すること。

デッキの消費

 戦闘中に山札を全て使い切った場合、モンスターは現在戦闘している場所を離れ、いったん体制を立て直す。再び探索にはいり、1回判定が経過する度に、モンスターは現在のHPから1割を回復させる。

 基本的には山札を3回使い切るまでに倒せなかった場合、そのクエストは失敗となる。GMは山札を使い切る回数を変更してもかまわないものとする。目安として、4人プレイヤーで山札をひとつ消費するのにかかる時間は、およそ30~45分である。

 スキル等による手札の追加により、山札の残りカード枚数が足りなくなった場合、デッキ消費を確定した手札追加の行動より前の行動を適用してから、デッキを新たに切り替えること。判定が必要な行動を宣言していた場合、その行動は失敗したものとして扱う。

報酬の決定

 クエスト終了時に剥ぎ取りによる経験値取得と、報酬金の支払いが行われる。報酬金額は、クエスト中に1回だれかが力尽きると2/3に減り、2回で1/3、3回で0となる。なお、討伐と同時に力尽きた場合報酬を減らした上で討伐成功とする。もし、討伐と相打ちで力尽きた際、その回数が3回目であった場合は、報酬金は0だが経験点の入手は行える。剥ぎ取りを行い、経験点だけをPLに与えること。

剥ぎ取り

 剥ぎ取りは、各モンスターに記載されている剥ぎ取り部位数を参照して行う。それぞれ、分子は剥ぎ取り部位数、分母は剥ぎ取り時に手札にすることが出来るカードの最大数を示す。

 剥ぎ取りの手順は以下の通りである。

  • デッキを組みなおす
  • 分母と同数のカードを伏せて用意する
  • GMは剥ぎ取り部位数を宣言する
    • 分子の数+スキルや判定等によるボーナス
  • 代表者は伏せられたカードから部位数分の手札を選択する
    • 任意のカードを2枚ずつ選ぶ
    • カードが足りない場合、手札0で判定する部位とする
      • 経験点による手札追加は可能であるとする
  • 手札追加などの宣言
  • 共有カードを並べる
    • 通常の判定と異なり、あらかじめ提示されるカードは無い
    • 共有カード0の状態から5枚並べていく事

 まずデッキを新たに切り替え、モンスターに記載されている剥ぎ取り部位数の分母と同数のカードを伏せて用意する。このカードが剥ぎ取りで使用できるカードとなる。

 続いてパーティで一人代表を決め、部位数の分子と知識判定でのボーナス、代表が剥ぎ取り時に使用できるスキルを持っていた場合はそれらを合算し、剥ぎ取り回数を算出する。

、剥ぎ取りの代表者は伏せられたカードから任意に2枚ずつを伏せたまま選ぶ。部位数分の手札が用意されるまで伏せておく事。もし、手札に必要な数が分母を上回り、剥ぎ取れる部位数分のカードが足りなくなった場合、残りの部位は手札0で判定する部位となる。

 手札に選ばれなかったカードは使用済みのカードとして扱い、捨て札に送られる。

 手札セットが確定したら、経験点を消費して手札追加の宣言を行う。この時手札の追加は代表者以外も行える。各プレイヤーに時計回りで手札追加を行うか質問していくこと。なお、手札0の剥ぎ取り部位に対しても手札追加は可能である。

 次に共有カードを5枚ならべ役を作り、モンスターに記載されている剥ぎ取りチャートを参考にして入手する素材を決定する。

 剥ぎ取り時の役には以下の補正がかかるものとする。

1デッキ目でクエスト達成:役+2
2デッキ目でクエスト達成:役+1
3デッキ目でクエスト達成:役+0

 原則として、剥ぎ取りの役でフルハウス、フォーカードが出た場合上素材を、ストレートフラッシュ、ロイヤルストレート、ファイブカードが出た場合G素材を、それ以外の役の場合は普通の素材が手に入る。ただしモンスターによって固有のチャートが存在する場合は、そちらを優先する。

経験点の算出

 経験点の算出は以下の手順に沿って決定される。

  • 狩りに参加した
    • 参加点
      • ハンターランク/3(端数切り上げ)
  • 狩りに成功した
    • 倒したモンスターのボーナス
      • モンスターの推奨ハンターランク
    • 狩りの難易度によるボーナス
      • ハンターランク-モンスターの推奨ハンターランク(補正込み)
    • 使用デッキ数ボーナス
      • 1デッキ目で2点
      • 2デッキ目で1点
      • 3デッキ目で0点
    • パーティ撤退回数ボーナス
      • 撤退0で2点
      • 撤退1で1点
      • 撤退2で0点
    • 剥ぎ取りボーナス
      • 剥ぎ取り時の役で一番高いもの。補正なし。
      • 基本チャートを参照して経験点を決定する。

 キャラクターの成長についてはキャラメイクを参照のこと。

  • 最終更新:2017-10-09 12:14:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード